気象

猛暑到来か!?北海道帯広市で最高気温37度を観測 各地の気温は?

こんにちは!岩倉です。

今年は何だか5月に入った瞬間気温が一気に上がりましたね。

私が住んでいる岐阜県も先週は最高気温が28~30度と、まるで真夏日の様でした。

日中に車に乗ると車内も灼熱地獄と化しており、ちょっと油断したら気絶してしまいそうなレベルです。

気象庁は早くも熱中症対策を呼び掛けていますが、そんな中

本日、北海道の帯広市でとんでもない気温が観測されました。

 

なな、何と北の大地で最高気温37度!

因みにこれは2019年5月26日の観測情報です。

そう言えば岐阜県に限った事ですが今年は雪がほとんど降らなかったです。

冬にしては暖かいなぁと思っていましたが5月の段階でこんなに暑くなるとは…

日本は一体どうしてしまったのでしょうか?




今年メチャクチャ暑い原因

日本の気温がこんなにも上昇したのは今年に始まった事ではない。

昨年の8月も各地で40度以上をたたき出す異常気象が続き

余りの暑さゆえに熱中症で死亡する事例が後を絶たなかった。

気温の上昇として一番原因に上げられるのは森林が減った事では無いかと言われています。

昨年のデータですが森林の少ない日本と森林の多いタイ・ベトナムでは同じ40度でも全然違うとの事です。

木々が風を生み出しているので気温が高くても多少は過ごしやすくなります。

日本では暑いうえに風すら吹かないので外国人からしたら“過ごしにくい暑さ”だそうです。

各地の気温を見ていきましょう

暑いのは帯広だけではありません。

しかし同じ北海道の札幌市では最高気温は30度

少し南下して東北地方の各地では28度~30度前後を計測しています。

そして関東甲信越、東海北陸、近畿、中国、四国も28度~30度ほど。

全国的に見ても本日は非常に気温が高いようですが、その中でも特に帯広がずば抜けているようですね。

 

因みに…九州から沖縄にかけては26度~27度と、やや気温が低めです(例年に比べりゃ充分に暑いですが)




 

今後の気温の上昇

今の段階では帯広が群を抜いて高気温を観測していますが

実はいくつかの地域も予備軍に含まれているのです。

岩手、山形、栃木、群馬、埼玉、山梨、岐阜、京都、兵庫

これらの地域は要注意です。

数日以内に最高気温35度を観測すると予想されている地域に該当します。

因みに昨年の8月ですが岐阜県の多治見市では最高気温40度。

お隣の名古屋でも40度を観測したというデータが残っています。

5月の段階でこれですから、今年は更に気温が高くなることが予想されます。

これ以上高くなると、下手したら風呂の温度よりも暑くなってしまいます…

 

まとめ

今回、北海道帯広市で5月にも拘らずとてつもない気温が観測されたという事で

各地の気温や気温上昇の原因について調べてみました。

原因はやはり環境問題が大きく関係しているとの事でしたが

年々気温が上がり続けているという事は環境問題は悪い方向へと向かっているという事なのではないかと

個人的にすごく心配になりました。

しっかりと熱中症対策をしていたとしても、人間の体はそんなに高温に耐えられるようにはできていません。

今後、数年先に最高気温50度みたいなのが当たり前になってしまったら

もはや日本は人が住める環境ではなくなります。

そうなる前に一人一人が身近な環境問題にもっと真摯に向き合わなくてはいけないのだと思いました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です