関東観光ガイド

富士吉田(山梨県)の新倉山浅間公園の評判や口コミは?都心からのアクセスや時間は?

おはようございます!岩倉です。

皆さんは、コチラの景色をご存知でしょうか?

富士山・桜・五重塔と…、日本をイメージさせるものを一堂に会したこの景色。

何だか外国人向けの観光ガイドでよく見かける奴ですね笑

 

京都をイメージさせる五重塔と、日本の象徴・富士山。さらに桜。

 

何で京都の寺社と富士山が同じ場所にある?外国人観光客が勘違いするんじゃない?

 

と、私もずっと思っていました。

 

しかしあれ、実は合成写真とかじゃなかったんです。

実在する場所だったんです。

 

富士山の恵みに抱かれる街・富士吉田。

近年、観光ガイドの力もあって外国人観光客が爆発的に伸びているそうです。

 

タイ人観光客の間では“日本に来たら富士吉田を目指せ”とまで言われているそうです。

でも案外、日本人でも富士吉田を知らないって人は多いんです。

 

まあ確かに、こんな景色見せられても“どうせ合成写真だろ笑”って思ってしまいますもんね。

 

今回、8月24日(土)放送の【アド街ック天国】で富士吉田周辺が紹介されるという事で

都心から意外とアクセス良好な富士吉田のオススメ日帰り観光プランを紹介します。

スポンサードリンク




富士吉田はどこにある?

富士吉田は山梨県東南部の郡内地方にある市で、上記でも触れましたが

多くの外国人観光ガイドの表紙を飾る、いわゆる日本観光の顔とも言われている街です。

場所で言うと、この辺り。

意外と都心からのアクセスが良好という事もあり、日本人にもあまり知られていないこの場所は

連日多くの外国人観光客で賑わっているそうです。

 

地元の商店街の方の話だと…

 

・来るのは外国人(特にタイ人観光客)ばかり。

・日本人は殆ど見かけない。

 

だそうです。

どこもかしこもタイ人だらけ。

富士吉田は、まさに“リトル・タイランド”状態です笑

 

富士吉田までの交通アクセスは?

富士吉田は東京から凡そ2時間ほどで行ける。アクセスは良好である。

もう少し具体的に見ていきたいと思います。

 

東京方面からお越しの場合

【電車】

新宿駅スタート  JR中央線中央特快→大月駅(60分~90分)→富士急行線(35分~50分)→富士山駅

新宿駅スタート  ホリデー快速(土日祝日のみ)→富士山駅(120分)

 

【バス】

新宿駅スタート  新宿高速バスターミナル・バスタ新宿→富士山駅(120分)

東京駅スタート  八重洲北口→富士山駅(120分)

 

【車】

東京スタート  中央自動車道から凡そ100分

 

 

関西・中京方面からお越しの場合

【電車】

 

名古屋駅スタート  JR東海道新幹線(こだま)→三島駅(110分)

京都駅スタート  JR東海道新幹線(ひかり)→三島駅(120分)

新大阪駅スタート  JR東海道新幹線(ひかり)→三島駅(150分)

 

※三島駅南口からバスに乗り換えて、富士山駅まで110分

 

 

【バス】

 

名古屋名鉄バスセンタースタート  富士山駅・河口湖~名古屋線リゾートエクスプレス(270分)

京都駅八条口スタート  京都~河口湖・富士山駅線フジヤマライナー(560分)

大阪駅前スタート  大阪~河口湖・富士山線駅フジヤマライナー(620分)

 

【車】

名古屋スタート  東名高速自動車道から凡そ190分

京都スタート  東名高速自動車道から凡そ270分

大阪スタート  東名高速自動車道から凡そ300分

 

以上。

東京からのアクセスは2時間ほどですが、関西・中京からのアクセスは電車&バスの乗り継ぎで3時間強。

高速バスで行こうと思ったら6~8時間コースの長旅になります。

 

スポンサードリンク




 

富士吉田のオススメ観光スポット

さて、富士吉田までのアクセスが分かったところで、今度は現地のオススメ観光スポットを見ていきます。

富士吉田の名物と言えば、もはや言うまでもありませんが…コチラです。

では、ここにはどうやったら行けるのでしょうか?

コチラは、【新倉山浅間公園】という公園の中腹から見ることが出来る景色となっています。

ご覧の通り春の季節には五重塔と富士山に加えて満開の桜も堪能することが出来ます。

また、“新日本三大夜景・夜景100選”にも選出されたファンの間では特に人気の富士山スポットなのです。

 

ではここで、実際に富士吉田を訪れたタイ人観光客たちの口コミを見てみましょう♪

 

①教科書に載っている景色

タイで日本の歴史を勉強する教科書には必ずと言っていい程、コチラの景色が載っています。

またタイの大使館のトップページにも使われているほど、タイでは超メジャーな景色なのです。

 

②絵ハガキやカレンダーにも使われている

タイで販売されている日本グッズの多くにはコチラの景色がデザインされたものが多いそうです。

 

③何度でも来れる

都心からのアクセスが比較的良好な事もあり、熱心なリピーターも多いそうです。

写真のオジサンはもう9回も来ているそうです。

確かに季節ごとの景色を何度も楽しんでみたいですよね。

 

④日本に来たら誰もが必ず来なければならない場所

もはや東京でも大阪でもなく、富士吉田の景色を目当てに来日する外国人も多いそうです。

タイ人は小さい頃から日本のこの景色に強い憧れを持っています。

タイ人にとっては、ここが日本の中の日本なのです。

 

まとめ

今回、【アド街ック天国】で富士吉田周辺が紹介されるという事で

現在外国人観光客に大人気の観光スポットとなっている新倉山浅間公園の景色を紹介しました。

日本人にはまだまだ知られていない秘蔵の観光スポットですが、それ以上に外国人観光客で

溢れている為、年間通して人ごみは避けられません。

 

しかし写真のような景色は例え人が多くても晴れていれば写せる景色なので

気に入った方は是非足を運んでみて下さい。

 

東京からのアクセスは2時間ほどなので、勿論日帰りの観光も十分可能となっております。

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です