皇室関連

即位礼正殿の儀の会場までのアクセスと時間は?パレードのルートは?

こんばんは!岩倉です。

いよいよ今月10月22日、即位礼正殿の儀が執り行われます。

今年の4月に退位した上皇陛下の跡を継ぐ形で新たに皇位を継承された新天皇・徳仁様は

10月22日の即位礼正殿の儀を以て、晴れて天皇として日本国民の象徴になられるのです。

 

そんな記念すべき10月22日は、本年のみ祝日となります!

 

天皇陛下(現・上皇陛下)が退位された際も異例の祝日が設けられましたが

今回もまた“国民の祝日”という名目で10月22日は祝日となります。

 

世界中が注目する即位礼正殿の儀。

晴れて皇位を継承される天皇皇后両陛下を一目見ようと

儀式当日は会場及び周辺に多くの人が集まる事が予想されます。

 

では、即位礼正殿の儀は一体どこで執り行われるのか?

儀式の前に天皇皇后両陛下を乗せた車がパレードを行うのだが、どこにいたら会えるのか?

諸々のイベントに参加する為の交通アクセスは?

 

これら3点に関して多くの人が興味を抱いていると思われるので、まとめました。

 

スポンサードリンク




即位礼正殿の儀・会場と時間は?

まず、現・天皇陛下が正式に皇位を継承される会場についてですね。

これは勿論、皇居・宮殿で執り行われます。

時間が午後1時からで、世界190カ国以上の国々から招かれた王族等を含めて

約2500人が参列する予定である。

 

皇居までのアクセスはコチラ

 

まずは、皇居の最寄り駅です。

大手町、有楽町、竹橋、桜田門、東京駅からであれば徒歩で5分もあれば到着できます。

アクセスは便利ですが近すぎる為、当日は駅周辺が混雑する恐れがあります。

皆、考える事は同じです。

 

続いて東京都内からの具体的なアクセスを紹介します。

新宿、渋谷、池袋からで最大220円。15分もあれば最寄りに到着できます。

 

即位礼正殿の儀が執り行われるのが午後1時。

しかし当日は朝から皇居周辺に人が集まる事が予想されます。

当然、一般客が当日に皇居内に立ち入る事は出来ませんが

その後のパレードの事もありますので、

くれぐれも“30分前行動”なんて呑気な考えで皇居に辿り着けるなんて思わないで下さい。

 

当日は日本中、いや世界中から新たな日本の王の祝賀を祝おうと人が集まるのです。

 

スポンサードリンク




 

パレードのルートは?どこにいたら陛下に会える?

即位礼正殿の儀を終えた後、予定では午後3時から

新たな天皇皇后両陛下を乗せたオープンカーが皇居から赤坂御所までの約4キロを

30分かけて移動する予定である。事実上のパレードですね。

 

コチラには一般客も参列することができ

新たな天皇陛下を参列者が日の丸の旗を振ってお祝いする運びである。

コチラのパレードのルートであるが、当然皇居付近にいれば

ほぼ確実に陛下を一目見る事は可能である。

 

パレードの細かいルートに関しては…

皇居・宮殿

二重橋前交差点

桜田門交差点

国会議事堂正門前

憲政記念館前交差点

国立国会図書館前

平河町交差点

都道府県会館前

赤坂御用地南門前

青山一丁目交差点

権田原交差点

赤坂御所

 

という流れになる予定だ。

これだけ広範囲なら、フツーに会えそうじゃん!なんて思うかもしれませんが甘いです。

 

当日は周辺の交通網は全て規制される為、車越しに陛下を見る事は出来ません。

恐らくは周辺のホテルや高層のレストランや展望デッキも人が溢れかえる為、

高みの見物なんてのも恐らくは容易ではありません。

 

まとめ

10月22日に執り行われる即位礼正殿の儀・及び祝賀パレードには

当日は日本のみならず世界中から多くの人が訪れる事が予想されます。

新しい天皇陛下を一目見ようと意気込んで当日訪れても“人が多すぎて何も見えない!”

なんて事が無いように、今のうちから対策を取っておきましょう。

天皇陛下をなるべく近くで見たいのであれば、即位礼正殿の儀は捨てて

早い段階からパレードのルートを押さえておく方が賢明かと思います。

 

本気ならば、前日から東京入りするくらいの覚悟が必要かと思います。

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です