ローカル

【群馬県競輪場】車急加速で1人死亡させた高齢者の名前と年齢は?

こんにちは!岩倉です。

 

本日10月20日の午前9時すぎ、群馬県館林市赤生田町の競輪場にて交通事故が発生しました。

事故を起こした運転手の男性は競輪場の場外車券売り場の駐車場にて

誤って車を急発進させてしまい、そのままベンチに突っ込んだとされています。

この事故により3人が救急搬送されましたが、そのうち1人の死亡が病院にて確認されました。

あとの2人も頭部などに怪我を負っているとの事です。

 

事故当時男性は障がい者用スペースに車を停めようとしたところ

誤って急発進してしまったと供述しているそうです。

 

 

さて、今回の事件ですが何か似たような事件が今年ありましたね。

4月中旬、平成最後の大犯罪として広く世間に周知されるに至った“池袋暴走事故”。

そちらの事故も、高齢者の男性が運転する車が誤操作により急加速してしまい

通行人を次々と撥ね飛ばした挙句、母子2人の命を奪った。

 

高齢者の誤操作もさることながら、そちらの事故は半年も経っていながら

加害者の男性が未だに逮捕されていないという事で世間の注目を集めている。

 

池袋暴走事故の一件以来、高齢者ドライバーへの世間の風当たりが強くなったのは言うまでもないが

今回もまた、高齢者による運転ミスで尊い命が奪われてしまった。

 

今回の事件で加害者となってしまった男性の年齢がとても気になるところですね。

それに名前や、車の車種などに関しても分かりうる限り調べてみました。

 

 

スポンサードリンク




男性の年齢は?

高齢者ドライバーによる運転操作ミスとして注目を集めている今回の事故。

報道では“高齢者の車が~”という表現を用いられていたため

テレビでは具体的な年齢が明らかにされていません。

ネットニュースなどでも確認してみましたが、現段階では捜査中との事で

男性の年齢に関しては“高齢者”という事しか明らかになっていません。

 

一つだけ確かなのは

事故当時、男性が障がい者用スペースに車を停めようとしていた経緯などから

男性が身体に何らかの障害を持っている可能性があります。

ただ単に“高齢である故”に障がい者用スペースに停めていただけかもしれませんが

少なくとも事故を起こす恐れが充分にある年齢と身体能力だった事は確かです。

 

男性の名前は?

今回、事故を起こした男性の名前…。コチラも気になるところですよね。

ただ、残念な事に男性の個人情報などに関しても未だ報道はされていません。

事故が起きたのはまだ半日前なので、名前や年齢などが公表されるのは翌朝以降ではないかと思われます。

 

当然ですが、被害者たちの名前等も現在まだ公表はされていません。

もしかしたら亡くなった男性の名前だけは報道されるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク




 

車の車種は?

最後に、男性が運転していた車の車種に関してです。

これに関しても調べてみましたが具体的な車種の名前までは出てきませんでした。

 

取り合えず事故現場の画像を検証すると…

恐らく…というか、ほぼ間違いなく軽自動車ではないかと思われます。

予想ですが、ワゴンRっぽいですね。

 

高齢者の男性はどうなる?

まだ事故が発生して間もないという事もあり、男性の名前も年齢も車種も

ハッキリとした情報は得られませんでした。

因みに、今回事故を起こした男性も事故に際してケガを負っており

現在病院にて治療を受けているとの事です。

 

今後は男性の回復を待って、改めて逮捕…という流れになるかと思われます。

男性が勲章を持っていれば話は別ですが…。

 

まとめ

今年は度々、高齢者ドライバーによる運転ミスが話題になりました。

今回もまた尊い命が奪われてしまう結果となりましたが

警察の調べで男性の年齢や、運転に適応できる身体条件だったのかが明らかになると思われます。

詳しい情報はまだ殆ど分かっていないため今後新たな情報が分かったら、また更新します。

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です