ローカル

伊藤仁士と女子中学生の関係は?一緒にいた理由や名前が徐々に判明!?

おはようございます!岩倉です。

先日11月17日に大阪市内で行方不明になっていた小学6年生の赤坂彩葉さんが

11月23日に栃木県内で発見、無事保護されました。

発見当時、赤坂彩葉さんは大雨の中、靴も履かずに交番に駆け込み

SNSで知り合った男性に数日間監禁されていた旨を伝え、事件の真相が明らかになった。

 

スポンサードリンク




同日、栃木県警は赤坂彩葉さんを監禁していた県内在住の伊藤仁士容疑者を逮捕した。

 

また、赤坂彩葉さんの証言によって自身の他に“別の女の子もいる”事が明かになり

警察は現在、伊藤仁士容疑者の逮捕に伴って保護した女子中学生の身元を調べている。

 

 

さて、約1週間に渡って行方不明になっていた赤坂彩葉さんの安否も確認され事件が一段落付いた所ですが

メチャクチャ気になる事が1点ありますよね。

 

一緒にいた女子中学生って何者!?

どうやら赤坂彩葉さんが監禁される以前から伊藤仁士容疑者と交流があったみたいですが

なぜ今日まで一緒にいたのか?伊藤仁士容疑者との関係や詳しい素性など、未だ謎多き人物です。

 

そこで今回、伊藤仁士容疑者と一緒にいた女子中学生に焦点を当ててみました。

関連記事

意外な犯行の動機が明らかに!小6女児との関係は?

“別の女の子”の正体とは?監禁中にどんな事されてた?


スポンサードリンク




“一緒に監禁されていた”は誤り?

赤坂彩葉さんの証言によって存在が明らかになった女子中学生の存在。

当初は赤坂彩葉さんと同じように伊藤仁士容疑者によって連れてこられて監禁されていたと思われていたが

どうやら少し違うようだ。

 

11月17日から凡そ1週間、赤坂彩葉さんと女子中学生の監禁生活は以下の通りである。

 

・外出できない様に靴を没収される

 

・外部と連絡できない様にスマホを没収される

 

・食事は1日1回

・風呂は2日に1回

 

刑務所暮らしより若干マシなレベルである。

これなら“監禁”と捉えられても仕方がない。

 

しかし一緒にいた女子中学生は“監禁”という解釈はしていなかったようである。

いつ頃から伊藤仁士容疑者と一緒にいたのかは未だ明らかになっていないが

女子中学生に関しては外出の自由があったそうです。

 

スポンサードリンク




 

優しすぎる!?伊藤仁士の犯行の動機

両者の間には11月17日以前から交流があり共同生活をしていた事が明かになった。

また、調べにより伊藤仁士容疑者の犯行の動機なども徐々に明らかになっている。

 

簡単に要約すると…

 

女子中学生は伊藤仁士容疑者の監視下に置かれていたが“監禁”はされていなかった(外出は自由)

優しい?伊藤仁士容疑者は女子中学生に話し相手を用意してあげるべく、

兼ねてよりSNSで交流のあった赤坂彩葉さんを一緒に生活させる事にした。

そうすれば、女子中学生が寂しい思いをしなくて済むから!という正義感が働いた。

そして言葉巧みに赤坂彩葉さんを誘い出した。

赤坂彩葉さんを外出させなかったのは、逃げちゃったら女子中学生が寂しい気持ちになるから。

 

という事である。

とても前向きな解釈をすれば【美女と野獣】に通ずるところもありますが…

 

スポンサードリンク




若い頃から弱いものを見過ごせない正義感溢れる陰キャとして知られていた伊藤仁士容疑者。

思い込みも激しい性格だった事から、その正義感が空回りする事もあったようで

良かれと思ってやった慈善行為にも、時には“余計な事しないで!”と突っぱねられた事もあるようです。

 

今回の事件も、単に伊藤仁士容疑者が

一緒に暮らしていた女子中学生の話し相手を用意する為に

赤坂彩葉さんを連れてきて自由を奪った

 

という解釈が出来ます。

 

『いつも1人で可哀想じゃん!だから話し相手を用意してあげたかったんだよ!』

 

事実、伊藤仁士容疑者は容疑を否認しており“正しい事をした”と供述しているそうです。

 

スポンサードリンク




 

なぜ女子中学生は“せつじろう”と一緒にいたのか!?

詳細は次ページで!

ページ: 1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です