ローカル

渡辺雄二容疑者の犯行の動機は?経歴や生い立ち、勤務先も知りたい!

こんばんは!岩倉です。

 

今年の9月28日に交際相手の女性の子供を殺害したとして警視庁捜査一課は

東京都昭島市在住の34歳の会社員・渡辺雄二容疑者を殺人容疑で逮捕した。

渡辺雄二容疑者は“何もしていない”と、容疑を否認している。

ここから、事件の詳しい真相を見ていきましょう。

 

スポンサードリンク




①渡辺雄二容疑者は、交際相手の女性と同居していた。

②女性には3歳の男の子がいた。渡辺雄二容疑者にも年齢は不明だが男の子の連れ子がいた。

③渡辺雄二容疑者が殺害したとされているのは交際相手の女性の連れ子。

④事件当時、交際相手の女性は海外出張中だった。

⑤当初、男の子の死因については“目を離した隙に風呂で溺れた”とされていた。

⑥しかし解剖の結果、腹部を打った内臓損傷による失血死と判明。

⑦そして御用。

 

どうやら渡辺雄二容疑者にも交際相手の女性にも、それぞれ子供がいたようです。

死亡の原因についても当初は“溺れた”で済まされていたようですが

やはり日常的な暴力が絡んでいた可能性が大きいですね。

 

今回の事件とは全く関係ありませんが、

交際相手の女性が海外出張中だったというのも地味に気になりますね。

女性がエリートなのは明白ですが、渡辺雄二容疑者も良い企業に勤めていた可能性もありますね。

 

色々と気になる点は多いですが今回は渡辺雄二容疑者の犯行の動機

経歴生い立ち勤め先について調べてみました。

 

スポンサードリンク




犯行の動機は何?

現在、容疑を否認している渡辺雄二容疑者ですが、死亡した原因が暴力であったことから

日頃から彼女の連れ子に対して暴行を加えていた可能性が大いに考えられます。

 

その暴行の動機に関してですが考えられる原因は…

 

・率直に邪魔だった。

・躾の為

 

のどちらかであると思われます。

 

スポンサードリンク




①のパターン

彼女の事は愛していたかもしれませんが、その子供に対して愛情を注げなかった。

年齢的にも3歳は第一次反抗期。ワンパク真っ盛りです。

それが余計に渡辺雄二容疑者をイラつかせて、日常から辛くアタっていた可能性がありますね。

今回の殺害も、初めから殺すつもりは無かったかもしれませんが

心の奥底には僅かな殺意が無意識に芽生えていたと考えれば、遅かれ早かれ事件は起きていたのでしょう。

 

スポンサードリンク




②のパターン

それなりに彼女の連れ子にも愛情は注いでいたのかもしれません。

しかし、なかなかいう事を聞いてくれない他人の子についカっとなって

キツい躾をしていた可能性は充分に考えられます。

普段、彼女がいる時は躾は彼女に任せることが出来ますが

いざ彼女が出張で長い間子育てを一任されてしまうと、どうしたらいいか分からず

結果的には暴力的な躾になってしまった。そして死んでしまった。

 

スポンサードリンク




 

生い立ちや経歴は?

渡辺雄二容疑者の生い立ちなどに関しては今後、新たな情報が入ったら追記いたします。

経歴に関しても謎な部分が多いですが、どうやら事件当時は逮捕時とは別の

タワーマンションに住んでいたとの情報も入っており、また交際相手の女性の職業から判断して

渡辺雄二容疑者自身もエリート育ちであった可能性が高いとみています。

 

もしくは交際女性のヒモだったという残念なパターンも想定できますが

詳しい情報は後日追記させていただきます。

 

まとめ

今回、渡辺雄二容疑者の犯行の動機や、経歴、生い立ちについて調査しました。

現段階では渡辺雄二容疑者は容疑を否認していますので真相は明らかになっていませんが

亡くなった3歳の男の子が暴行によって死亡した事は既に明白なので、

容疑を認めるのは時間の問題かと思われます。

気になるのは、いつから暴力を振るっていたのか?どのような暴力だったのか?

日常的に暴行していたとしたら、彼女は何も知らなかったのか?と言った所ですが

これらに関しても詳しい情報が入り次第、追記していきます。

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です