お役立ち情報【ブログ】

WordPressのURLを変更して“このページは表示できません”になった時の対処法

あ~。もっとイカすURLに変更したいちゃ。

 

全てはこれが悪夢の引き金だった…

こんばんは!岩倉です。

はじめにお詫びがございます。

本日11時~14時頃において当ブログの姉妹サイト・Starskitchenのアクセス不具合で

日頃より当ブログをご愛顧の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。

 

そもそも何でそんな不具合が生じたかと言いますと…

 

原因は私の無知です!!

URLを変更したいなぁ

特に深い理由はなかったのですが、フと自身のブログのURLに注目して

気分転換に、もっと捻ったURLに変更しよう”と思った次第です。

思い立ったが吉日と言う言葉がございます。

 

早速ネットで、URLの変更の仕方について調べ、手引き通りに実行してみました。

 

WordPressダッシュボード→設定→一般

 

一般まで進むと下記のような画面に到着します

 

コチラのページからサイトのURLは変更可能でございます。

コチラの真ん中ら辺に“WordPress アドレス (URL)”と“サイトアドレス (URL)”があります。

サイトアドレスは別に変更しても何の問題もありません。

実際、私が変更したかったのもサイトアドレスの方でした。

しかし、無知な私はサイトアドレスを変更した際に、同じ様にWordPressアドレスも変更していたのです。

 

敢えて調べないとどこにも書いていませんが…

 

 

これ、絶対にやってはいけない

初歩的なミスなんです!!

 

 

さて、アドレスも変更したし、心機一転頑張ろう。
….ん?

URLの変更後、急にバグでも起きたかの様にブログが狂いました。

試しにスマホやタブレットからも開いてみましたが同様の症状です。

 

投稿も見れない状態です。

まあ、一瞬焦りましたが原因は100%、URLを変更した事だろうと確信していました。

 

ちぇ!
仕方ないけど以前のアドレスに戻すしかないか…。

しかし、ダッシュボード(管理ページ)に進むアイコンが無い。

あれ?どうやって管理ページまで行けばいいんだ?

この時、私はサーーーーッと血の気が引いたのを覚えています。

 

 

ブログが壊れたー!


2018年7月からコツコツと成長を続けてきたStars Kitchenが200記事を目前に崩壊。

死ぬほど焦りました。

ダッシュボードに行くことが出来ないから手の打ちようがない。

最悪、各投稿が閲覧できるのならばコピペして1からブログを作り直す事も出来たが

それすら出来ない。

本当にクリアな状態になってしまったのだ。

 

たかだかアドレス変更したくらいでこのリスクとは…
ちゃんと注意書きに書いておけよ(;´д`)トホホ

例えるならば、彼女が寝取られている光景を目撃した時の様な絶望感と怒りに満ち溢れ

それでも必死に自我を保ってネットで改善策を調べまくりました。

もうね、休日の予定なんて全部キャンセルですよ。こっちを何とかしなければ…


👼実は多くの素人が通る道

死ぬほど焦りながら必死で“ワードプレス アドレス変更 失敗”と、耳が痛くなるようなワードで検索を繰り返す。

すると意外とリンクした内容が出てくる。

中には“初心者がやりがちなミス 復旧方法”など、少なからず希望が見えてくる文言もあった。

 

と、とにかく今は1秒でも早くブログを再生させたい!
どうすれば直るんだ!?

時刻は午前11時。

休日の予定を全て返上して岩倉はネットの情報からブログ再生の方法を調べ続けた。

約3時間ほど…

ああ違う!ワードプレスの用語解説なんてどうでもいい!
俺が知りたいのはブログを復活させる方法ながいちゃ怒

一見、改善策に関するページは山ほどあって一安心と思えたが

いざページを開いてみると初めて聞くようなネット用語や全く求めてない用語解説…

自身のブログが消滅したかもしれないと焦っている時に悠長に用語解説など読んでいる暇はない。

私が知りたいのはササっとブログを復旧させる方法なのだ。

 

ちくしょう。
小難しい数値や文言ばかりで頭が痛くなる…。
結局のところ、どうすればいいんだ?
結論からの述べろバカヤロー

私はネット初心者レベルです。

そりゃあ老人や主婦に比べればもう少し知識は豊富ですが

せいぜいyoutubeへの投稿方法やブログ立ち上げの基礎知識を知っている程度です。

少し捻った応用など手も足も出ないゴミ屑の様なブロガーが

専門用語満載&意味不明な数字に翻弄されまくって、一体どこから手を付けたらよいのやら…

 

ここまで読んでくれた皆さん

本当にありがとうございます。

 

いよいよ、復旧方法を紹介します。

 

👼あっという間にブログを治す方法

約4時間の試行錯誤の上に私が行き着いたブログの復旧方法を

簡単にまとめあげました。

 

この方法を用いれば僅か数分でアナタのブログは元通り!

何やら訳の分からん専門用語や数値に苛立つ必要もなく

英文で解読不能なアプリのダウンロードも

する必要はありません。

 

※サイトによってはそういった意味不明なダウンロードを推進するところもありますが全くの無意味です。ただの時間の無駄です。

 

では、端的に説明いたします。

予め言っておきますが、今回の復旧作業はWordPressを使用している事を前提としています。

 

①エックスサーバーにログイン

まず、自身の管理するエックスサーバーにログインしてください。

ログインすると、このような画面が表示されます。

カーソルを下に下げていき、【サーバー】からファイル管理を選択しクリックします。

すると自身のブログ名が書かれたファイルが出てくるのでクリックして下さい。

“public_html”というファイルが必ずありますので、そちらをクリックして下さい。

すると、自身のブログ名が出てくるのでもう一度クリックします。

今度は少し多くのファイルが出てきますが焦らずに…

“wp-config.php”にチェックを入れて右上の編集ボタンを押します。

すると、このような画面が出てきます。

ここまで大丈夫でしょうか?ちゃんとついてきていますか?

 

カーソルを最下部まで下げますと…

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

という文言が出てきます。

この文言の上に…

define(‘WP_HOME’,’変更する前のブログのURL/’);
define(‘WP_SITEURL’,’変更する前のブログのURL/’);

をコピペして貼り付けます。

 

これで1つ完了です。お疲れさまでした。

 

②ダッシュボードを開いてみる

上記の手順でいけばダッシュボード(管理画面)は復旧します。

が、以前としてブログはバグってるため、そもそもダッシュボードに行けません。

そんな時はコチラ!

先程のエックスサーバーから、サーバー管理をクリックします。

すると、こんな画面が出てきます。

カーソルを下に下げていきます…

すると“WordPress簡単インストール”という文言があるのでそちらをクリックして下さい。

“選択する”をクリック

すると、“ダッシュボードへ”というページに行き着きます。

コチラから管理画面に移動できます。

 

③管理画面に到着したら

無事ダッシュボードに到着して一安心…ブログもパっと見、元通りになってる

 

よがったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

いえ、この時点ではまだ復旧はしていません。

え!?

その証拠にブログから各投稿を閲覧しようとしても、こんな画面が表示されるはずです。

これが最後の難関です。

これさえクリアすればブログは完全に元通り!

今まで通り通常に運営が出来ます。

 

では、さっそくこの忌まわしい404に対抗していきましょう^^

 

まずはダッシュボードの画面を開きます。

ここまでついてきてますか?

完全復旧までもう少しですよ!希望を捨てないで下さい。

左のメニューから設定→パーマリンク設定をクリック

するとこんな画面になります。

このページを、特に何もせずカーソルを下げていくと…

【変更を保存】というボタンがありますのでクリックして下さい。

別に何か弄る必要はありません。

【変更を保存】をクリックするだけで良いです。

WordPressのURLを変更してしまった場合であれば

通常ならこの手順で復旧するはずです。

 

な、直ったぁぁぁぁぁぁ

【教訓】

今回、本当に軽い気持ちでURLを変更しようとした事を心から悔いております。

危うく皆様からご愛顧いただいていたStars Kitchenが崩壊するところでした。

これからブログを始めるネット初心者の皆様、並びに現在ブログ運営中の皆様

 

何があってもWordPressのURLは

絶対に弄ってはいけません!

いや、フリとかじゃなくて本当にです。

下手したら、せっかく何年もかけて構築したブログがパーになる恐れだってあるのです。

今回は早期発見で済みましたが、今後は私も何か新しい事をする時は念入りにネットで調べてからにしようと思います。

大切な事なので2度言います。

何があってもWordPressのURLは

絶対に弄ってはいけません!

 

復旧はできますが非常に面倒な上に神経をすり減らします。

心配しなくてもブログのURLなんて運営者以外、誰も気にしてないし興味もありません。

 

 

Stars Kitchenはこれからも安全運転で運営してまいります。

これからもよろしくお願いします。

 

では!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です