ローカル

東大阪のセブンイレブンが本日から営業再開!本社の今後の対応は?

こんばんは!岩倉です。

※本記事が令和2年一発目の投稿となります。あけましておめでとうございます!

 

遡る事、昨年の2月。

セブン‐イレブン東大阪南上小阪店のオーナーである松本実敏さんが

セブンイレブン本社との契約を一方的に破って時短営業していた事が話題になり

年末には本社側が松本実敏さんと正式に契約を打ち切る旨を発表しました。

 

 

スポンサードリンク




このセブンイレブン本社の行動に対して松本実敏さんは真っ向から闘う姿勢を見せた。

12月31日付けで契約解除。
その後は物流やレジがストップしてしまいますが
松本実敏さんは独自に営業を続けると宣言しましたね。

 

松本実敏さんが運営するセブンイレブンは12月31日と1月1日は臨時休業。

この2日間で独自の店に作り替える寸法なのだ。

 

いや~令和元年、話題に事欠きませんでしたなぁ

 

スポンサードリンク




屋号も剥奪され、レジもストップし、物流も止まる。

本来なら営業どころでは無くなるのだが、松本実敏さんは

石に齧りついてでも営業を続けたい!”とハッキリ公言した。

 

一体、松本実敏さんをここまで燃え上がらせる程の物とは何なのか!?

本日1月2日から営業再開だが、セブンイレブン本社はどの様な対応を取るのか?

 

今回、気になったので調べてみました。

 

関連情報

松本実敏ってどんな人?時短営業してた本当の理由とは…

 

スポンサードリンク




なぜ営業を続けようとする?

松本実敏さんは“とある理由”から本社の意向を無視して独自に時短営業をしていました。

なぜそんなハイリスクな事をしていたのか?

現にそれが原因で、本社との関係が悪化し契約解除に追い込まれている。

 

これには理由があった。

 

セブン‐イレブン東大阪南上小阪店に限らず、多くのコンビニでは人材不足に悩まされている。

例えば23時以降に勤務できるスタッフがいないとなると、必然的にオーナーが

休日返上で出勤を余儀なくされる。

もしくは、おなじスタッフが連日連夜働くと言うパターンもある。

 

スポンサードリンク




 

どちらにせよ、限られた人への負担がかなり大きい。

これを“オーバーワーク”という。

松本実敏さんは、このオーバーワークを緩和するために
敢えて時短営業の道を選んだんですね。

その結果、本社との関係は悪化してしまったが

実は周囲の反応は意外な物だった。

 

なんと、この松本実敏さんの行動を称賛し、担ぎ上げたのだ。

 

これによって引っ込みがつかなくなった松本実敏さん。

実は本人にはそこまでセブンイレブン本社と闘う気は無かったのだ。

 

もう、契約打ち切りでいいかな…。

正直言って、契約解除なら解除で、さっさと辞めたかった。

しかし松本実敏さんを担ぎ上げていた同業者達は…

 

実際、コンビニ経営は大変なんだ!
何も助けてくれない本社にそれを思い知らせてやれ!
24時間営業なんてブラックだ!
時短営業万歳!
あんたが今辞めてどうすんねん!
我々の代弁者として、もう一度立ち上がれ!!

 

スポンサードリンク




ますます革命の火を燃え上がらせていた。

完全に、取り返しのつかない所まで事態は展開していた。

 

松本実敏さんは、大企業セブン-イレブン・ジャパンに対し徹底抗戦する事を余儀なくされた。

スポンサードリンク




今後のセブンイレブンの対応は?

本日から営業が再開された(旧)セブン‐イレブン東大阪南上小阪店ですが

契約を打ち切った以上、屋号も変わっているのでしょうか。

例えば“マツモトマート”とかありそうですね笑

しかし、重要な課題が残っています。

現在、松本実敏さんが立て籠もっている建物も敷地も

実はセブン-イレブン・ジャパンからの借り物。

 

つまり、松本実敏さんの資産ではないのです。

※別記事で松本実敏さんの所有物と記載していましたが誤りです。

 

松本実敏さんは今後、裁判にて訴訟を起こすとも言っていましたが

一体どこに勝算があるのでしょうか?

 

契約を破り、契約解除されたことに腹を立て、借り物の建物に立て籠もって営業を続ける。

 

セブンイレブンに悪い所なんて1つも見当たりません。

無理やりこじつけるとすれば、松本実敏さんが時短営業と言う最終手段を選ぶ前に

本社が責任を取ってフォローするべきだったのかもしれません。

 

スポンサードリンク





とは言え、松本実敏さんが現在立て籠もっているのは敵であるセブンイレブンジャパンの所有物。

強制撤去という事も充分に考えられる。

 

そんな時、松本実敏さんはそれでも闘うのだろうか?

松本実敏さんを持ち上げた同業者達も、一緒に戦ってくれるのだろうか?

 

今後に期待したい。

 

まとめ

今回、松本実敏さんがオーナーを務めていたセブン‐イレブン東大阪南上小阪店が

本日1月2日からリニューアルオープンするという事で

セブン-イレブン・ジャパンの今後の対応などについて調べてみました。

リニューアルしたとは言え、セブン-イレブン・ジャパンから借りている建物と土地で

どこまで戦うつもりなのか?今後に期待したいと思います。

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です